作り手と使い手をつなぐ−Fullen0601(フレーン) オンラインショップ−

 
 
会社紹介
 


「趣きが良い」 「手触りが良い」 「機能が良い」など、モノによってそれぞれの魅力があり、 それが「お気に入り」になっていくまでに幾つもの過程を踏んでいきます。

お気に入りのモノを身につけたり、使用したり、生活に取り入れる事で心や考えが豊かになり、その人の暮らしさえも豊かになる。そのように感じています。

同時にその魅力は、見る人・使う人の感じ方や捉え方によっても様々です。


『そのモノが持つ“魅力”を1つでも多くお客様にお伝えしたい…。

伝統・哲学など、窯元やブランドの背景にある豊かなストーリーを知って頂きたい…。』


Fullen0601では、こだわって作られた素晴らしいモノの深い魅力をお届けすることに基本理念を置いています。

時には製造元を取材させていただき、 そこで得たインスピレーションを元に作り手の思いとこだわりを皆様にお伝えしていきます。そして独自のアレンジを加えた提案を踏まえながら商品を紹介しています。

Fullen0601でセレクトしたモノがお客様の暮らしを末永く彩り、思い出やエピソードを創っていく一助となれば幸いです。




<ロゴについて>


日本の伝統的な色「和色」を配色しています。
フォントには筆の払いを装飾し、「和」を表現しました。


・「作り手」と「使い手」
・「質の良いモノ」と「人」
・「日本」と「世界(海外)」
・「古いモノ」と「新しいモノ」


Fullen0601がこれらのつながりを築く役割を担いたいと思い、シンボルマークは日本の伝統技術の「組み木」をイメージして作りました。

正面に見える「F」のパーツ(=Fullen0601)が、他のパーツをつなぎ合わせる事で、永続的なモノや人とのつながりを表現しています。

不完全な立方体は、つながりの形成途中である事、そしてFullen0601が架け橋となる事を表しました。
同時に、Fullen0601におきまして生涯完成形はなく、様々な事を追求し続けいきたいという思いを込めています。


 

ページトップへ